Free eBooks Category: Japanese Books

Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

Only 1 way by which shachiku of a superblack enterprise could become selfemployed in half year (Japanese Edition)

7年のブラック労働&借金地獄→半年で脱サラ&時間とお金の自由な生活 人生を変えた秘訣は○○でした。 その答えを知りたい方は、こちらを「タップ!」 はじめまして。石神たくやです。 この度は本書を手に取っていただき、誠にありがとうございます。 本書に興味を持っていただいたあなたはきっと、 仕事やプライベートについて、何か「悩み」を抱えているのではないでしょうか? それは、どんなに些細なことでも構いません。 「毎日仕事ばっかりで、自分の時間が全くない……」 「休みの日も、仕事に備えて身体の疲れをとるだけで、何もできていない……」 「どれだけ働いても、お給料が全然上がらない……」 そんなことを考える瞬間が、日常の中であるのではないでしょうか? 近年、日本では、「働き方改革」を掲げ、私たちの働き方の見直しが図られています。 安い賃金で長時間労働を課し、違法労働とパワハラを生み出す、 いわゆる「ブラック労働」が、問題視されている中、 国をあげてその対策が進められているのです。 その「働き方改革」のおかげで、働き方が改善された人も多くいることでしょう。 しかし、まだまだ多くの人が、苦しい環境で労働を強いられているのが現実です……。 何事も、浸透するまでは時間がかかるものです。 しかし、それを待てるだけの忍耐力とやる気で、 あなたは今の仕事を、これからもずっと続けられますか? 働き方が変わるのが先か、自分の身体が限界になるのが先か、 そんな状態になってまで仕事をするのが、果たして良いことなのでしょうか? さて、前置きが長くなりましたが、ここで少し私の話をさせてください。 私は現在31歳で、北海道の田舎から東京に上京して、 ネット物販スクールの講師として、コミュニティの運営事業に携わっています。 ビジネスを人に教えながら、自由な場所で自分の好きなことをして、 とても明るい人生を送っています。 こんなゆとりある生活をしている私ですが、 実は半年前までは、あなたと同じサラリーマン生活を送っていました。 しかも私は、若くして多額の借金を抱えていた、もうどうしようもない人間でした……。 飲食業の仕事をしていた私は、辛い環境で長時間働き、休みの日もほとんどなく、 おまけにお給料も安い、世間で言う「ブラック労働」をずっと続けていました。 しかもそのお金のほとんどは、借金の返済に充てられていたので、 自由な時間もお金も全然ありませんでした。 仕事以外で動くのも、自宅と勤務先の通勤だけで、 安らぐ時間は一切なく、「自由」とは無縁のサラリーマン生活でした。 こんな生活を、私は7年も続けていたのです。 正直、今思い出してみても、「この頃はすごくきつかったな……」とブルーになります(笑)。 しかし、こんな夢も希望もない、 将来の不安が募っていくばかりだった私でも、たった1年で人生を変えることができました! 人生のどん底にいた私が、今では脱サラをして、時間とお金が自由な生活を送っているのです。 「え! 何があったの?」と大層に思われるかもしれませんが、 決して大きな出来事があったわけではありません。 どうしてこんなに変われたのか、それはずばり「勇気を出して一歩踏み出した」からなのです! 言うだけなら簡単ですが、実際に「一歩踏み出す」のは、なかなか容易ではありません。 なぜなら、行動できずに悩んでいる人が、世の中にはたくさんいるからです。 しかし私は、一歩踏み出してみて、 「働き方が変わるのを待っていても、自分の生活は絶対に変わらない!」と、感じることができました。 その気持ちに背中を押され、私は脱サラを決断したのです。 その結果、今のように、自由な場所で、好きなビジネスができる生活を手に入れました。 私は、本書を通してあなたに、 「勇気を出して一歩踏み出すことの大切さ」をお伝えしたいと、強く思っています! ブラック企業で働いていて、借金のブラックリストにも載っていた Wブラックな私でも、人生逆転して変わることができました。...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.52 夏号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 本年8月11日からスタートする「山の日」を記念して、 身近な人を誘っての山歩きのススメを大特集。 長野から東京まで、「奥秩父の縦走路」をシェルパ斉藤さんが案内するロングトレイル紀行をはじめ、 日本三大峡谷のひとつ「大杉谷」や「八ヶ岳」の山旅をご紹介。 また特集以外にも、ライトウエイトな装備でシンプルに楽しむ 自転車旅のニュースタイル「バイクパッキング」での南房総2泊3日、 宿坊をベースとしたトレイルランニングの模様や、 ホーボージュンさんが玄界灘を漕ぎ進むシーカヤッキングの旅模様など、 盛りだくさんの記事を掲載。山から海・川まで、 この夏の外遊び情報がまるごと詰まった「フィールドライフ夏号」です。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.55 春号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 待ち遠しかった春を迎え、いよいよアウトドアの本格シーズンが到来。 今号はキャンプをベースに山に登ったり、 海岸沿いに島をめぐったりする「島旅」を提案します。 長崎県・対馬の名峰である白嶽ハイク&キャンプ、 新潟県の知られざる孤島、粟島でのSUPトリップを中心に、 全国の島ガイド、おすすめの島&遊び方、便利アイテムなどをご紹介。 その他、桜咲く伊豆の山を駆けるお花見トレイルラン、 三浦半島を漕いで回るホーボージュンさんのパドリングホーボー、 BCクロカンと釣りを組み合わせたスキーフィッシング、 隠岐島のカヤック旅、熊野古道・伊勢路を歩くシェルパ斉藤さんのニッポンの山を バックパッキングなど、春らしいフィールド紀行が存分に楽しめる内容となっています。 読めば必ずアウトドア旅に出たくなる充実のフィールドライフ春号、ぜひお楽しみください!
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.42 冬号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 あらゆるフィールドを紹介するアウトドアフリーマガジン No.42
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.49 秋号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 特集は「秋の山旅」。赤、黄、緑など、たくさんの色に彩られた山を楽しむハイキング企画です。男3人でゆく南アルプス・聖岳と、アウトドアスタイル・コーディネーターの四角友里さんが歩いた北海道・大雪山のふたつの山行記に始まり、山登りノウハウやおすすめのルートガイド、ボリューム満点のウエア&ギアカタログとこだわりのショップリストなど、秋の山登りを楽しむコンテンツが満載。また、毎年アメリカで開催される世界規模のアウトドアの祭典「アウトドアリテーラーショー」のレポートといった、スペシャルな情報も掲載されています。フィールドライフを読んで、今年の秋は眺めるのではなく“感じる”紅葉を見に出かけませんか?
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.58 冬号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 寒い寒い冬が到来。 早く暖かな春になってほしいなと思う人もいるかもしれませんが、 冬だからこそできるアウトドアの遊びもたくさんあるんです! 今号のフィールドライフは「雪と氷のフィールドへ!」と題し、 この冬は「ちょっとおもしろい遊びをしてみたいな……」という人に向けた情報をまとめました。 「アイスクライミング」、「バックカントリースキー」、「BCクロカン」など、 今回はひと味違った冬のアクティビティをピックアップ。 少し敷居が高く感じるかもしれませんが、これらの遊びの楽しさ、醍醐味、 さらにはその他のこの時期ならではの遊びをご紹介します。 さらに好評連載のホーボージュンさんによるパドリングホーボーは長崎・軍艦島、 シェルパ斉藤さんのニッポン10大トレイルは温泉をめぐる東北のトレイルへ。 また、チュンチュンこと小雀陣二さんによるキャンプ料理の王様では冬の温かレシピを提案。 読めばこれまでもよりもっと冬が好きになるはず!
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.57 秋号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 登山やクライミングのように、山で遊ぶためのひとつの手段がトレイルランニング。 トレイルランニングというと、レースや競争といったイメージが強いかもしれませんが、 その根底にあるのは“山を走る気持ちよさ”です。 今回はトレイルランニングをフィーチャーし、 トレイルランナーの山田琢也さんと行く北八ヶ岳での山小屋泊トリップラン、 全国のショップ&おすすめのトレイル紹介、最新&定番のギア&ウエアカタログ、 お悩みQ&A、レース紹介など、初心者はもちろん、経験者も楽しめる情報がたっぷり。 また、好評連載のパドリングホーボーでは佐渡の海、 シェルパ斉藤さんのトレイル紀行では熊野古道へのトリップをご紹介。 さらにアメリカのロングトレイルのセクションハイクの 楽しみ方など、今号もアウトドア気分が盛り上がる記事が盛りだくさんです。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.54 冬号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 家に閉じこもりがちな寒い冬。 そんなアウトドアのオフシーズンともいえるこの時期をオンシーズンに変える、 冬キャンプの楽しみ方を今号では提案。 北軽井沢でのごちそうたっぷり、星がふりそそぐぜいたくな雪上キャンプ、 焚き火と薪ストーブを使う際の注意点、 冬におすすめのキャンプ場、最新キャンプギアなどをご紹介。 さらに、ライターの森山伸也さんの北を目指したスキートリップ、 今年その幕を下ろしたカヤックメーカー「フェザークラフト」の ホーボージュンさんによる追想記、シェルパ斉藤さんによる紅葉の京都一周トレイルハイクなど、 本誌おなじみのアウトドアーズマンによる紀行もたっぷり。 冬こそ楽しいアウトドアの世界を読んで味わってみてください。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

The SNS way of sentences by which a fan increases so that its fascinating (Japanese Edition)

SNSを制すれば、とてつもない影響力が手に入る! ファンが増える→ビジネスが上手くいく→お金が増える あなたがSNSをスタートした目的は何ですか? 何のために始めようと思っていますか? 「人脈を作りたい」、「顧客を増やしたい」などなど、人によってSNSを始める理由は様々ですね。 ほとんどの方は「誰かに自分のことを知ってもらいたい」と思っているはずです。 そして、この本を手に取ったということは、 「より人に影響力を与えるアカウントを作りたい、投稿をしたい」と考えていることでしょう。 TwitterやFacebookなどのSNSには、多くの「カリスマアカウント」が存在しますよね。 フォロワーは1万人以上、投稿すればすぐに「いいね!」がついて、リツイートやシェアされて拡散されます。 たまには心に刺さる内容があるものの、「今日のご飯」をアップしただけで多くの人に賞賛されるのです。 そして彼らが、その力を使って普通のサラリーマンの年収以上のお金を稼いでいます。 実は私もSNSを活用しながら、OL時代の30倍以上の収入を得ています。 SNSの力でお金と時間に縛られないゆとりある暮らしを手に入れました。 それを聞くと、多くの人が「私もやってみたい」と考えるものです。 毎日のご飯をアップするだけでお金になるなら、今すぐやりたい、と。 ところが、SNSの投稿は「ありのままの自分」を さらけ出すだけでは、フォロワーも増えなければ拡散もされません。 かといって、SNSの投稿に「カリスマ性」や「人並み外れた文章力」も必要ありません。 私が試行錯誤して身につけたちょっとした「コツ」を知って、実践するだけで、 あなたも多くの人に影響を与えられる「カリスマアカウント」に変身できます。 難しい方法は一切ありませんし、すぐに実行できるので、SNSをスタートしたばかりのあなた、 そしてSNSとの向き合い方、使い方がいまいちしっくりきていないあなたは、 ぜひこの本をじっくりと読んで「コツ」を手に入れてください。 それだけであなたのSNSライフは一変しますし、その後の人生は大きく変化するはずです。 SNSを始めるために絶対に守るべきルールや書き方など、初心者さんでも読むだけで、 その日から価値ある投稿ができるようにしてありますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。 【目次】 第1章 1億総SNS社会。発信力で人生が変わる ・SNSアカウントは個人の「力」を図る物差し ・SNSブランディングで人生は180度変わる ・目的はフォロワー増ではなく、仕事獲得や人脈の拡大 ・就職、転職、結婚、全ての局面でジャッジされるSNS 第2章 SNSを始める前に必ずやるべき4つのこと ・自分にあった媒体を選ぶ。各SNSの特徴と向き不向き ・SNSはガラス張り。書くべきことと書かないことを線引きしておく ・キャラクターを設定する。素の自分? 虚構? ・プロフィールに盛り込む内容をピックアップ 第3章 思いやりライティングでファンを増やすシンプルメソッド ・失敗談をポジティブに書く。人は成功より失敗が好き。 ・写真投稿とテキスト投稿を織り交ぜる ・読む人の立場になって言葉を選ぶ。シンプルな言葉で伝えよう ・まずは書く、そして削る。 第4章 SNSはコミュニケーションが必須。いいね!とシェアで世界を広げる ・いいね!とシェアで自分の存在をアピール ・シェアやリツイートはコメントをつける ・仲間を増やしてファンを獲得する書き込み術 ・ファンが増えたら実現できるゆとりある人生 【著者プロフィール】 ayaka 起業コンサルタント/アフィリエイター 株式会社NEXT LEVEL SOLUTION 代表取締役/オプトインアフィリエイトコミュニティ運営...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.45 秋号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 あらゆるフィールドを紹介するアウトドアフリーマガジン No.45
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.44 夏号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 あらゆるフィールドを紹介するアウトドアフリーマガジン No.44
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.46 冬号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。 あらゆるフィールドを紹介するアウトドアフリーマガジン No.46
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

フィールドライフ No.60 夏号[雑誌] (Japanese Edition)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ファミリーでも、アウトドア初心者でも気軽に始めやすいことから、 再び注目を集めているキャンプ。 でもせっかくであれば、そこからさらに一歩フィールドに踏み出し、 アクティビティを楽しめばもっとアウトドアの世界が広がります。 フィールドライフ夏号では、キャンプ場をベースに、湖畔で初めてのSUP を体験。 さらにキャンプと相性のいいアクティビティとフィールドなどもご紹介します。 さらに、シェルパ斉藤さんによる「ニッポン10 大トレイル紀行」では、 海から山へ登り、そしてまた海へと下る、屋久島大縦走の旅をご紹介。 ホーボージュンさんは琵琶湖を横断するSUP旅へ。 今回も夏らしい外遊びの楽しさが詰まった記事を、たっぷりお届けします。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

Urban Legend Detectives Case 1: The Mail from Merry (The BBB: Breakthrough Bandwagon Books) (Japanese Edition)

かつて大切にされ、そして捨てられた西洋人形「メリーさん」が、持ち主の少女に復讐するため帰ってくる…… 「メリーさんのメール」と呼ばれる都市伝説を楽しんでいたはずの女子高生たちのひとりが、人けのない夜道で残忍に殺害された。 警視庁の小林刑事は、忍者の末裔である謎の美女・猿飛刑事と共に「都市伝説刑事」に任命され、謎の「メリーさん」を捜査し始める。そして、彼らが辿りついた禁断の真実とは……? (本書は、The BBBのために書き下ろされたオリジナル作品です)
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

makenaibinaryoptionnohazimekata: sikinnkanritobunnsekiryokudetousigagekitekinikawaru (Japanese Edition)

初めまして著者の橋本タケシです。 みなさんバイナリーオプションはうまく稼げていますか? なかなか勝てず徐々に資金が減っていってしまっている。 順調にコツコツ勝てても気がついたら資金が減ってしまっている。 これから始めようと思っているが、なんとなくバイナリーオプションがどういうものなのか わからないので始められずにいる。 そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。 確かに、バイナリーオプションは様々ある投資の中でもかなり簡単に始められる部類に入るかと思います。 しかし、簡単がゆえにその管理は非常に難しく、じわじわとお金が溶けて来て、その度に追加投資を繰り返すという 悪循環になってはいないでしょうか? バイナリーオプションは確かに簡単です。 だってhighかLowのどちらかを選ぶだけですから。 確率は50パーセントです。 しかし、裏を返せば50パーセントの確率で負けるのです。 バイナリーオプションは勝率50%では、±ゼロではありません。 負けているのです。 投資では、負けないことが勝利への近道と言われています。 つまり、どれだけ負けないで投資ができるのかが非常に重要であるということです。 これはどんなツールを使ってもできるものではありません。 あなた自身のマインド、分析力、資金の管理ができてこそ安定して長期的にお金を 稼ぐことができるでしょう。 そんな一人前にバイナリーオプションができるきっかけをみなさんに掴んで頂きたいです。 みなさんの投資がうまくいくことを願っております。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

kimihatadagutaitekiniokanewofuyasuhohowosiranaidaketadasoredake (Japanese Edition)

有料級の無料電子書籍第7弾が遂に配信された! 今回は勝率98%の投資法を教えてくれます。 そして、お金がお金を生む方法というものを見につけることができます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【目次】 第1章 なぜ失敗する人と結果を出す人が出てしまうのか ・【3つのパターン】あなたにとって“お金を稼ぐ”とは、どんなイメージ? ・自分流はNG!うまくいった成功例を、徹底的にマネることが第一歩 ・情報の価値を知る。お金をかけて学びに行くから得れるものとは ・稼げる前から年収1億になったマインドを持つ大切さ 第2章 ワンランク上のお金持ちが実践する意外な習慣とは ・成功者は常に学びの姿勢を忘れない!お金を払ってお礼を言う ・ここが違う!大金持ちの動機付けには“やらないリスト”が裏モチベ ・無駄なエネルギー消費はしなくてOK。本来やるべきことは3つだけ ・投資一本だけでなく“二足のわらじ”を持つことを忘れずに 第3章 勝率98%!?投資を始めるならブックーメーカーが熱い ・ルールを守って当てに行け!ギャンブルと投資の違いとは? ・自分は投資向き?投資に向いている人はココが違う! ・初心者でも取り組みやすい。ブックメーカーの5つのメリット ・メンタルブロックを外せ!稼げるようになった自分を想像することが第一歩 第4章 一人で始めるよりコミュニティの力を借りることが最短ルート ・“自分なり”はココが危険!?投資で長期的に稼げるヒミツはここにあり ・3年間ブックメーカーを分析し、勝てるノウハウ集結させたコミュニティとは ・キャッシュアウト機能を使いこなせ!一回の負けを0にしない投資法 ・気にはなるけど一歩が出ない。コミュニティに寄せられるよくある質問集 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【著者プロフィール】 金川顕教(かながわあきのり) 両親の離婚、偏差値31、友達と遊んだことがないというどん底の青年期から、大学在学中に公認会計士試験に合格し、外資系の会社に勤めるが、多忙な毎日に絶望し1日3時間ネットビジネスを副業としてを始め、3ヶ月目には月収457万円を達成した。 起業後1期、2期、3期と一人の従業員を雇わず、固定経費も月5万円もかけずに、計2億5100万円を売り上げ、億万長者の仲間入りを果たす。 現在は「とにかく無料でいいものを全部提供する」を合言葉に若手の起業家の育成活動に励んでいる。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

The book which understands 4 bestseller business books in 30 minutes (Japanese Edition)

小学校の教員を14年間やってきました。 師匠である槇田健先生から「本を読まない教師は、教師ではない。」 と教えていただき、以来、読書をし続けています。 蔵書は約3000冊。読めば読むほど、読書の楽しさが増してきました。 知識が増えるだけでなく、視点が上がっていくのが分かります。 今まで見えなかったものが見えてくるのです。 そして今、「学ぶから楽しい、楽しいから学ぶ」という 学びの善循環に入ったことを実感しています。 一人でも多くの人にこの楽しさを実感してほしいと思い、 広く世の中に発信することを決意しました。   本書は、有名な自己啓発本の中から4冊を選び、そのエッセンスを抽出したものです。 「読んでみたいんだけど、なかなか読む時間が取れないなあ。」という方にはもちろん。 「もう読んだよ。」という方にも復習として読んでもらえると面白いと思います。 【目次】 第1章 「人を動かす」 D・カーネギー 第2章 「7つの習慣」 スティーブン・R・コヴィー 第3章 「嫌われる勇気」 岸見一郎、古賀史健 第4章 「思考は現実化する」 ナポレオン・ヒル 【著者プロフィール】 1978年生まれ。 小学校教員となったとき、師匠に「本を読まない教師は教師ではない。」と教えられ、 以来14年間、自分を高めるための読書を続ける。 蔵書3000冊。教育書だけでなく、歴史、脳科学、食と健康、自己啓発など、様々なジャンルの本を読む。 2017年、小学校教員という枠組みを超え、多くの人々に学びの楽しさを伝える活動を開始。 教育問題を中心にFacebookで発信中。 より多くの人が幸せに暮らせる世の中を作るために日々勉強を続けている。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

Superguide for FX beginners Supplementary edition (Japanese Edition)

FX初心者の方へ。 残念ながらFXで絶対に勝てる方法はこの世にはありません。 しかし、リスクを抑えて資産を安定的に増やすコツはあります。 というのも、FXを始める際、多くの人は必ず勝とうとしますが、 FXで勝ち続けている人は負けを調節して最終的に勝ち越し続けてます。 つまり【負けを理解している人】こそがFXで勝てるようになるのです。 もし、FXをこれから始めたいという人、 FXで負け続けている人がいましたら、 少し見方を変えて私の言う「負けを調節して勝ち越す」という コツを身につけて資産を増やしていきませんか? 【目次】 はじめに 第1章 なぜFXで結果が出せる人と損する人に分かれるのか? ・FXは経験が長いほど勝ちにくい? ・大損する人のマインド、結果の出せる人のマインド ・男性にありがち?その成功経験が大損するきっかけになる ・FXには結果の出せるトレード方法がある 第2章 これだけは知っておきたい!FXの4つの基本 ・そもそもFXってどんな投資? ・FXのメリットである〝レバレッジ〟の意味とは ・FXは少額から始められる。大金は必要ない ・実は大損しない!マイナスの金額は自分で決める 第3章 公開!実際に私がFXで稼いでいる方法 ・複利と単利であれば、複利を使うべき ・PC見る必要なし!スマホ1台で取引できる理由 ・「負け方」を調節すれば勝ち続けられる ・1人でやると暴走する可能性がある 第4章 初心者だからこそ知ってもらいたい!FXで稼ぐための4つのマインド ・お金を稼ぐ為に必要なお金の使い方とは ・自分の力を過信すると痛い目を見る ・結果を出すのはしばらく我慢。コツコツと取引を積み重ねよう おわりに 【著者プロフィール】 米田誠(よねだまこと) 慶應義塾大学在学中、教育関連の事業で起業。 その後、投資に大きな可能性を感じ、FXトレーダーに転向。 現在は日本人の投資水準を上げることを目標に、 全国2200名のメンバーを抱える日本最大のFXコミュニティの代表を務める。 その他事業 ・講演活動 ・海外にて投資会社経営 米田誠の連絡先はこちら。質問や相談がある方は、LINE@にご連絡ください。 LINEのID検索で「@makoto」と検索し、友達追加。(初めの@をお忘れなく
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

How to raise it the sympathy power to which the person who can use it for life is moved (Japanese Edition)

たった1週間で、コミュニケーションの悩みから解放される。 誰とでも仲良くなれる「共感」コミュニケーション術がズバリわかる! 「うちの部下はどうして指示通り仕事をしてくれないんだろう」 「子供たちがちっとも親のいうことを聞いてくれない」 「恋人は私の気持ちが全然わかっていない」 あなたはこんな悩みを抱えていませんか? これらの「相手とのコミュニケーションの問題」は人類が誕生してから、ずっと人々を苦しめてきました。 私も、会社員時代に「どうして後輩は私の言うことを聞いてくれないんだろう」と、悩み続けていたものです。 そこで、多くの書籍を読み漁り、人間の心理や感情について研究しました。 そして、一つの結論にたどり着きました。 「言うことを聞かないのは脳みそのせいだから、気にすることはない。 それよりも脳に聞かせるためのメソッドを実行して、共感力を引き出すべきだ」と。 私がこのメソッドを編み出してから、これまで思い通りに動かなかった後輩たちは、 気持ちよく私の指示に従うようになり、家族や友人との関係も非常に良好なものになりました。 この方法は、決してマインドコントロールのような 怪しいものではありませんし、難しいテクニックも必要ありません。 「ただ知るだけ」で、すぐに誰でも実行できる簡単な方法です。 人間関係に悩んでいるあなた、相手が思い通りに動いてくれなくて 苦しんでいるあなたにとって、非常に力強い味方になってくれるはずです。 この本を最後まで読んだ時、あなたの悩みのほとんどは解消されていることをお約束します。 【目次】 はじめに 第1章 相手が動かないのはあなたのせいではない。脳のせい 1、人間の脳は聞くのが苦手。実はほとんど聞いてない 2、「会話の30秒ルール」。長話は無駄 3、朝礼時間が半分になったのに業績が上がった理由 4、相手に聞かせるためには「これまでの話し方は捨てる」べき 第2章 脳は言葉で変わる。あなたと相手の脳を言葉でチェンジ 1、「脳」は常に心配性 2、ポジティブは「合法脳内麻薬」。相手のやる気をどんどん引き出す 3、あなたと相手の遺伝子は言葉で変わる 4、ポジティブな言葉を生み出すためのネガティブブロック法 第3章 即実践。共感力で相手を動かす4つのメソッド 1、ゆっくり話しかけることで相手は変わる 2、「ミラーリング」と質問で、相手はあなたに共感する 3、アイコンタクトで2人の信頼関係が生まれる 4、口元の微笑みで居心地の良い空間を提供 第4章 共感力を使って人間関係を改善させる方法 1、恋人編:理想の相手と付き合い、関係を長く続けるための方法 2、家庭編:共感力でしつけと教育が向上する 3、職場編:私の共感力でチームはこう変わった 4、過去の経験を元に相手の立場になると、自然に共感できる 5、共感力の進化系「相手のやる気を引き出す」 おわりに 【著者プロフィール】 ayaka 起業コンサルタント/アフィリエイター 株式会社NEXT LEVEL SOLUTION 代表取締役/オプトインアフィリエイトコミュニティ運営 1987年生まれ、千葉県出身。 理系大学卒業後、大手電機メーカーに就職。 理想の生活を追い求めて転職を繰り返すも、うまくいかない人生にもがき苦しむ。 28歳の時にインターネットビジネスに出会い、会社員をしながら...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

tyansuwoteniirerukasoutukanokasegikata (Japanese Edition)

第15弾となる電子書籍の内容は 「仮想通貨で稼ぐ」 です。 ただ、今ホットな話題な事もあり、この1冊では収まりきらなくなったので、 16冊目も仮想通貨の内容にしています。 2冊に分けた事により、気軽に読む事ができますし、 これから取り組もうと思っている人にとっても情報過多にならないように なるのではないでしょうか。 ・仮想通貨って何? ・ビットコインって怪しい…。 ・興味は無いけど、話のネタに聞いておきたい どんな理由でも構いません。 ぜひ、この1冊を読んで頂き理解してもらえたら嬉しいです。 そして、16冊目の仮想通貨の本も読んでもらえたらより詳しくなれるかと思います。 今回は特典内容も豪華!そこの部分も注目して読んでみて下さい! 【目次】 はじめに 第1章:なぜ今、仮想通貨を購入・運用するべきなのか? ・仮想通貨とは、インターネット上で物品やサービスに使用できる「現物のない通貨」 ・今話題の「フィンテック」は、仮想通貨を生んだ金融サービス ・仮想通貨の取引量は年々増えてきている ・参入している人が少ないからこそ「今が買い時」 第2章:仮想通貨の運用を始める前に知っておきたい!疑問を徹底解説 ・株やFXと仮想通貨の違いは、投資先と利回り ・ビットコイン自体に危険性はない ・ブロックチェーン技術が仮想通貨の稼働を支えている ・長期保有と短期保有で稼ぐコツは「購入する通貨」と「利確のタイミング」 第3章:仮想通貨の4つのメリット・デメリット ・少額から始められて、24時間365日いつでも取引が可能 ・今は発展途上だからこそ、将来性がある ・国境のない通貨だから、両替を気にせず取引できる ・短期間での値動きが大きい。だからこそ普遍的なノウハウが必要になる 第4章:初めてでもできる!仮想通貨の購入・売買方法を紹介 ・<STEP1>仮想通貨は「取引所」と「販売所」で入手する ・<STEP2>仮想通貨を購入するための3つの入金方法 ・<STEP3>取引所と販売所を両方使いこなせるようにしよう ・<STEP4>仮想通貨の売却時における取引所と販売所の特徴を理解しよう ・<STEP5>どのような種類の仮想通貨があるのかを知ろう おわりに ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【著者プロフィール】 株式会社Social River代表取締役。 三重県生まれ。東京都港区在住。 偏差値35から大学進学を志し、2浪の末、立命館大学に入学。 大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、毎日16時間以上の勉強を続け、在学中に公認会計士試験に合格する。卒業後、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。 ◉──新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生 が送れる」と思ったのも束の間、自分自身の時間が削られていく不自由さに耐 えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。睡眠時間をはじめ、あらゆる無駄を削り、副業に費やす時間をつくる。 ついには副業で 給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、4年間で約9億6千600万円を売り上げる。サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を20代で手に入れる。 ◉──その活動の一環である公式無料メールマガジンの購読者が4万人を突破し、理想が叶う LINE通信は2万8000人を突破。コミュニティの生徒は全国に2500人。 その教えで実際に成功を収める者は数知れない。コミュニティ内の成功者は日々増え続け、連日感謝のメッセージが届く。今日も、より多くの人が自由な人生を送れるようにと仲間と奮闘を続けている。 ◉──『チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!』、『年収300万円はお金を減らす人年収...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

Which would you like to be a rich dad or a poor dad The secret for which an unearned income is made with the real estate investment which makes the family happy (Japanese Edition)

・時間に追われ、子供や家族と向き合うゆとりがない ・いくら頑張って働いても、なかなか収入が増えない ・このままで行くと、将来が不安 そんな子育て世代の男性こそ、やるべき投資法があります。 はじめまして、白水敬子です。 私は、現在不動産を3棟所有している家賃収入が月収130万円の不動産投資家です。 不動産投資コミュニティで講師も務めさせていただいています。 女性の私が年収1000万円オーバーの不動産投資家と聞くと多くの方が 「才能に恵まれている上に強運の持ち主なのね」とか、「投資関係の能力が非常に高い」などとおっしゃいます。 確かに、不動産投資家として成功している方の中にはそのような方もいらっしゃるでしょう。 けど、私は違います。 私はどこにでもいる普通の女性で、投資とは無縁の生活をしていました。 むしろ、病弱だった過去を考えれば普通の人よりも「要領が悪くて、何をしても時間がかかるタイプ」。 敏腕不動産投資家や「やり手女社長」のようなイメージとは真逆の存在です。 そんな私でも、不動産投資に出会ったことで人生が180度変わって、 前向きに仕事に取り組み、お金と時間に縛られないゆとりある暮らしを送れるようになりました。 今では、海外生活を検討するほど安定した収入がありますし、時間にゆとりがあります。 私はこの立場になって、考えました。 「この投資法は子育て世代の男性こそやるべきなのでは?」と。 子供や家族の将来のために頑張っている世の中のパパたちこそ、 不動産投資をスタートして、暮らしと将来にゆとりを持つべきだと思います。 自分の父親や、周りにいる子育て世代の友人知人を見ていると、 みんな家族のために頑張っているのに、時間に追われ、子供や家族と向き合うゆとりがありません。 そんな方が不動産投資を始めれば、家族との豊かな時間を 取り戻せる上に、将来のお金の心配もほぼ消えてなくなります。 もちろん、不動産投資だってリスクゼロではありませんが、私が実践している方法なら 他の投資法よりもはるかに低リスクで、高いリターンを得ることができるのです。 この本を手に取った、頑張る男性が人生を自分の手に取り戻すためのお手伝いができればと、 私の経験や、私が成功した手段をお話ししますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。 【目次】 はじめに 第1章 病弱お金なし知識なしの私が月収130万円になるまで ・病弱でちっとも楽しめなかった青春時代と社会人生活 ・不動産投資に出会って1年で月収130万円達成 ・サラリーマン薬剤師からの卒業と、海外生活が現実的に 第2章 私ができたからあなたもできる! 頑張るパパさん達は不動産投資を ・「不動産投資は危険」は半分本当で半分嘘。きちんと知ればあなたもできる ・学資保険VS不動産投資。お金が増えない学資保険と毎月増える不動産投資 ・背負う重圧が多いパパさんたちは不動産投資で重荷を軽くして ・私の結論→パパだからこそ不動産投資をすべき 第3章 「不動産投資知識ゼロ、コネゼロ、お金ゼロ」丸裸状態で良い物件を買う方法 ・不動産投資をスタートする最大の難関「資金問題」の解決法 ・サラリーマン投資家のハンデ「物件情報力」を仲間でカバー ・先駆者たちのゴーサインがでた有力物件のみを購入 ・管理ノウハウを共有することでお金と時間の無駄を省く 第4章 不動産投資をスタートする時に必ずやるべきたった1つのこと ・信頼できる仲間を探すこと ・丸裸で不動産投資に臨むためには人脈と知識という武装が必須 ・レバリッチで私が得られたものとあなたが得るゆとり おわりに
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

The documentary way of the magic from which every kind of person moves (Japanese Edition)

年間7億生み出すプロの技を一挙公開! 一生使える文章力が身につく。 〜From 青木宏樹〜 はじめに、少しだけ自己紹介をしたいと思います。 私は実家が工務店だったこともあり、 建築会社で現場監督として働いていました。 建築士や宅地建物取引士の資格も取得していましたし、 同年代に比べて良い給料も貰っていました。 しかし、自分がやりたいことでは無いと気付き、 友人の紹介で福岡の飲食店へ修行をしに行きました。 夢を持って挑んだはずの飲食業ですが、実際は時給300円で こき使われる社畜のような生活が待ち受けていました。 毎日朝9から翌朝3時まで働き、身体もボロボロになりました。 それでいて、給料はいっこうに上がりません。 このままではダメだと思い、横浜に戻って物品販売業を始めたのです。 お陰様で現在は軌道に乗り、不動産投資アドバイザーや 起業支援などの仕事にも従事し、充実した日々を過ごしています。 これからは、今までの苦労や起業した経験などを活かし、 仕事で苦しむ人を1人でも多く救えればいいなと思っています。 私自信は起業することで人生が好転したので、起業を勧めたい気持ちはあります。 しかし、誰にでも簡単に起業をおすすめする訳にはいきません。 各自の生活がありますし、起業することが正解だとは限りません。 ただ、起業するにしても、しないにしても、成功する為に必要な ノウハウというのは、誰にでも役に立つので、知っておいて欲しいと思います。 そのノウハウの1つが「伝える力」です。 商売をする上では、商品の魅力を伝えてお客様に買ってもらう必要があります。 変な話、「伝える力」さえあれば、どんなに魅力の無い商品でも売ることができます。 売れる営業マンと売れない営業マンがいるのは「伝える力」の差です。 その「伝える力」の中で一番難しいのが「ライティング」です。 スピーキングであれば、相手の理解を確かめながら 進めることができますが、ライティングはそうはいきません。 下手な文章を書いてしまえば、相手は理解できないままです。 逆に、一度文章が上手く書けてしまえば、 永久にその文章で何かを伝え続けることができるのが、ライティングの魅力です。 文章が上手ければ、そこから商品を売ることができます。 一度書いた文章で、お金を生み続ける環境だって構築することができます。 そんな人を動かせる文章を書けるようになりたいとは思いませんか? ここでは、年商7億稼ぐ社長のゴーストライターが、 文章を書く上で気を付けていることを項目別に上げています。 ここで紹介するスキルで年商7憶が実際に生まれています。 是非、あなたにも、文章でお金を稼げるだけのスキルを身に着けて欲しいと思います。 【目次】 ■はじめに ■第1章 文章が上達すると、なぜ、お金と時間が手に入るのか? ・文章だけで人は動かせる ・文章が書ければスピーキングも出来る!  ・読者は途中で読むのを止める ・買わないといけない理由が分かれば読者は買う!  ■第2章 読みやすさを劇的に改善する5つのメソッド ・長文よりも短文の方が伝わりやすい ・主語を書くだけで分かりやすさは変わる ・小学1年生に分かる文章で書く ・自分らしく表現できているか ・読者と会話しているように書く...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

kimihakiminozinnseiwoayunndeiruka: kekkahaatokarakanarazutuitekurudakaraimahamaedakemuitezennryokudeikiro (Japanese Edition)

あなたは今の生き方、働き方に満足をしていますか? 自分のやりたいこと、生きがいを感じる生活を送っていますか? もっとお金を稼ぎたい もっと余裕のある生活を送りたい その思っている方もいらっしゃるかもしれません。 私も20歳の頃は”そう思っているだけ”でした。 つまり行動に移していませんでした。 しかし、とあることをきっかけに本気で自分の理想を叶えようと努力もしましたし、 自分の夢に向かってひらすらに頑張りました。 その中で、自分の道をしっかりと歩んでいる人、いつの間にかいなくなっていて記憶が薄れてしまっている人 本当に色々な人に出会ってきました。 その中で思うことは今の20代、30代の人多いのですが自分が何をしたいのかわからない、何のためのこの仕事をしているのか明確な目的がないという人が多いと感じています。 私はそれは非常にもったいないと思います。 ただそうは言っても独立をした方がいい、サラリーマンは今すぐやめるべきだとは言いません。 むしろ、サラリーマン時代は自分を成長させるには最高の環境です。 ここにたどり着いたあなたはおそらくサラリーマンの方が多いかと思います。 今この瞬間を大事にしてください。 本書では、私の経験してきたことを通して感じたもの、伝えたいことを メッセージにしました。 本書をきっかけに一人でも多くの人の人生が良くなれば幸いです。 木土 勇二 目次 はじめに 第1章 人生を楽しみたければ仕事を楽しめ! ・薄っぺらい人間になってはダメ ・人がやりたくないこと・面倒なことをあえてやる ・自分の仕事、やるべきことは自分が納得するまでとことんやる ・最初から見返りを認めない、一所懸命やれば自ずと結果がついてくる 第2章 組織の中で仕事をすることに価値がある ・組織の中でも自由は勘違いするな 口だけマインドではダメ ・まずはプレイヤーとしてトップをめざせ ・信用は勝ち取る 八方美人ではダメ ・分からなければ上司を頼れ!怒られることはある意味幸せ 第3章 自分らしい最高の人生にしていく ・あえて苦労を楽しめるマインドを持つ事で他人より見えてくることが増えてくる ・人生は経験からしか語れないし、自分の実力にはならない 中身のない大人になるな ・ブレない自分でいないとそこから前に進むことはできない ・今キミはキミの人生を歩んでいるか 第4章 決断 ・決断に必要なのは信念 ・自分の信念を持て ・その信念(決断)の先に人の喜ぶ姿が見えるか おわりに
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

The relief investment way by which an office worker loses future anxiety The innermost secret to which a life is changed by a real estate investment (Japanese Edition)

世界を旅する不動産自由人、待望のデビュー作! 不動産投資は、会社員だけの特権。そして、会社員を続けているご褒美。 「お金を稼ぐためだけに生きる人生」にサヨナラしよう! 私は不動産投資と出会って、人生に時間のゆとりを取り戻した上に、ちょっとだけお金のゆとりを手に入れました。 今は海外放浪生活がメインで、人生の時間を満喫しています。 そんな私が今回対談をすることになったのは、旅先で出会った佳菜子さんというOLさん。 彼女は、昔の私のように時間とお金に追われて、先が見えない将来に怯え、苛立っていました。 彼女の婚約者もまた同じ悩みを抱えていました。 「いつまで働けばいいの? 働いた先に何があるの?」 彼女や彼の姿は過去の私、そしてこの本を読んでいるあなたと重なるはずです。 私も不動産投資と出会うまでは不安で、時間に追われて、人生を楽しむゆとりなんてありませんでした。 だからこの本を手に取ったあなたにも、加奈子さんと私との話の中で彼女が手に入れた「一歩を踏み出す勇気」を出して欲しいと思います。 そして、私が手に入れた「お金と時間のゆとり」を、あなたも手に入れてください。 【目次】 はじめに 第1章 ワープア女子が海外放浪投資家木村に食らいつく ・ハワイで出会った佳菜子と木村 ・木村のセレブライフを佳菜子が根掘り葉掘り ・自称ワープアOLの佳菜子 ・社畜で心と体が壊れかけた木村の過去 第2章 どうしてあなたはお金&時間持ち? 佳菜子の質問責め ・お金&時間持ち生活の理由は不動産だった ・不動産投資って何? 土地買って売るの? ・不動産投資=お金持ちの道楽→誰でもできる ・株取引、仮想通貨、FXの方が簡単そうなんですけど 第3章 女子でもできる不動産投資、本気の佳菜子 ・やっぱり怖い不動産投資、木村が語る失敗例 ・初心者でもできる簡単不動産投資 ・頭金不要、現金不要。銀行は会社員に全額融資する ・管理は丸投げでオッケー! 会社が忙しくても大丈夫 第4章 会社員だからこそ不動産投資。人生にゆとりと安心を ・結婚も離婚も好きなタイミングで自分の思うがままに ・女の人生の「空白期間」をゼロにしよう ・不動産投資は、「会社員の特権、会社員のご褒美」 ・不動産投資は仲間と一緒に おわりに 【著者プロフィール】 木村 拓也(きむら たくや) 岩手県出身。 1989年、理系の大学を卒業後、これからは情報産業の時代だと考え、某IT企業に就職。 以後、何も考えずに仕事に没頭し、当時は残業規制もなく毎日終電で帰宅、週末もパソコンを自宅に持ち込んで仕事をしていた。 その結果、41歳の時に身体を壊して入院。 先輩のひとことで、本当に身体を壊して回復できないと会社を解雇されることに気付き、給与だけに頼ることの不安定さを身をもって感じる。 そんな時に、「金持ち父さん貧乏父さん」という本に出会い、 「不動産投資=不労所得」 というものがあることに気付く。 それから不動産投資を始め、会社員を続けながら規模拡大し、10年間で5棟85室のアパートオーナーとなる。 その結果、年間わずか2時間の作業で、年間家賃収入4000万の不労所得の仕組みを得る。 そして、51才の時に脱サラし、今では好きな海外旅行やスポーツを楽しむ悠々自適な生活をしつつ、 サラリーマンなら誰でも安定、着実に行える再現性100%の「キムラ式不動産投資法」を、学びたい人達約300名に伝えている。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

TIMEisLIFE (Japanese Edition)

電子書籍18冊目はお金と時間についてです。 タイトルにもありますが TIME is LIFE というように、時間は有限です。 この限られた時間であなたは無駄な時間を過ごしていたりしませんか? この無駄というのは「生産性がある時間かどうか」という事です。 ダラダラと仕事をしているだけではなく、 今日やること、今すぐやること、逆にやらないでも良い事を しっかりと分けて仕事をしていますか? 多くこことで書くつもりはありませんが 「時間は有限」 という事を理解して下さい。 【目次】 第1章:時給を意識して行動するべき4つの理由 ・あなたの今の時給はいくらですか?自分の生産性を数字にしてみよう ・時間は命と同じ。常に”時給”を意識できる人が成功する ・自分でないとできない仕事を。収入源は本業だけでなく複数持つようにしよう ・一つの会社で定年まで働くよりも、転職した方が生産性が上がる 第2章:成功している人は、時給に対してどんな考え方をしているのか? ・生産性を上げるにはノウハウよりもマインドセットが大切 ・先延ばしにすればするほど、行動しなくなる ・同じ1時間でも、過ごし方が変われば生産性も変わる ・時給を意識して行動し続ける人に、不労所得が手に入る 第3章:<work1>自分の行動基準を整理しよう ・あなたにとって、人生で一番重要なことは何ですか? ・「重要度」「緊急度」の二本柱でプランを立てる ・「今すぐやめるリスト」を作って自由時間を増やす ・やりたいことリスト100個書いて、目の見える場所に置く 第4章:<work2>時給に思考転換するための4ステップ ・自分が幸福だと感じる時間を増やしていこう ・お金や健康、情報収集も「時給」で考えると効率が良い ・「CAPD」サイクルで、時給へ思考転換を進めよう ・時給の高いビジネスモデルは「単価が高い」「O to O」ができるもの 第5章:<work3>時給がアップするきっかけ作りを始めよう(有料版のみ) ・まずはリサーチをして時給や年収の高い職種、世界一・日本一の資産家を知ろう ・高級マンションやミシュランのお店、5つ星ホテルに滞在する ・俯瞰する癖を身につけて、長期的に物事がみれるようになろう ・すぐに時給をアップさせるには、日常生活での支払いの効率化を意識しよう ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【著者プロフィール】 株式会社Social River代表取締役。 三重県生まれ。東京都港区在住。 偏差値35から大学進学を志し、2浪の末、立命館大学に入学。 大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、毎日16時間以上の勉強を続け、在学中に公認会計士試験に合格する。卒業後、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。 ◉──新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生 が送れる」と思ったのも束の間、自分自身の時間が削られていく不自由さに耐 えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。睡眠時間をはじめ、あらゆる無駄を削り、副業に費やす時間をつくる。 ついには副業で 給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、4年間で約9億6千600万円を売り上げる。サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を20代で手に入れる。 ◉──その活動の一環である公式無料メールマガジンの購読者が4万人を突破し、理想が叶う...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

The god like custom way of the person sent right now (Japanese Edition)

後回し習慣を「すぐやる習慣」に変えることで、人生は180度変わる! すぐやる人だけがチャンスをつかむ。 「明日やろうはばかやろう」 これは、私が会社員時代の先輩社員が、毎日のように私たち後輩に言っていた言葉です。 今日やるべきことをやらずに先延ばしにすることは、仕事にとっても人生にとっても百害あって一利なし。 だから、後回しにせずに今日のうちにやろう、といつも言われていました。 すぐにやれば、5分で済むことも後回しにすると、1時間以上かかってしまうトラブルに発展してしまうことが少なくありません。 「お客さんからのメールを後から返信しよう」と思って放置して、クレームになることはありませんか? 送付を依頼されていた書類をすぐに送らなかったために、無駄な謝罪をすることになったことは? 私は、どちらも経験がある「明日やろうはばかやろう」を地で行く人間でした。 しかし、仕事で何度も失敗を繰り返す中で、「明日やろう」「後からやろう」から「すぐにやる」人間に生まれ変われました。 すると、想像以上に仕事はスムーズになり、人間関係も順調になって、まさに「私が思う通りの会社ライフ」を手に入れられたのです。 そして、その習慣はその後出会ったビジネスで思う存分発揮されて、今では会社員時代の30倍以上のお金を稼げるようになりました。 そこで、後回し人間だった私が「すぐやる人間」になれた方法を、この本を手に取っていただいたあなたに伝授したいと思います。 私でも実践できた方法なので、問題意識を持ってこの本を選んでくださったあなたなら、すぐに「すぐにやる習慣」が身につくはず。 【目次】 はじめに 第1章 後回し習慣は、人生最大の悪習 ・ほとんどのトラブルは後回しが生む ・あなたも危ない! やらない人に共通する5つの行動 ・実録。後回しの連鎖で生まれた大トラブル ・すぐやることで人生はこう変わる 第2章 すぐやるためにできる4つのこと ・時間ではなく、質にこだわった睡眠をとる ・定位置に置くルールで誘惑を断ち切る ・他力を躊躇なく導入する ・優秀な人の真似をする 第3章 さらに深掘り! すぐにやるための簡単メソッド ・気分に振り回されるのではなく、気分をチョイスする ・思い出と想像で気分を前向きにする ・環境チェンジで心をリフレッシュ ・鳥になって視点を変える 第4章 すぐやる思考で周りも変わる! あなたの人生はあなたのモノに! ・相手の行動力を高めることであなたの能力も花開く ・褒めるのでなく伝えることで心は動く ・他人を本気で応援すると、倍のパワーが返ってくる ・自分をオープンにして相手を巻き込むメソッド ・あなたの人生を変えるために おわりに 【著者プロフィール】 ayaka 起業コンサルタント/アフィリエイター 株式会社NEXT LEVEL SOLUTION 代表取締役/オプトインアフィリエイトゆとりコミュニティ運営 1987年生まれ、千葉県出身。 理系大学卒業後、大手電機メーカーに就職。 理想の生活を追い求めて転職を繰り返すも、うまくいかない人生にもがき苦しむ。 28歳の時にインターネットビジネスに出会い、会社員をしながら 空いた時間で始めた副業が軌道に乗り、たった半年でストレスフリーライフを手に入れる。 顔出ししないビジネススタイルで、たった一人で、活動1年目にして「アフィリエイターランキング1位」を獲得。 アフィリエイトだけでも月に500万、その他コンサルティング事業の収入含めて年収1億円稼ぐ。 現在は会社員を卒業して独立し、会社員時代の月給が日給に。 夢だったストレスフリーライフを手に入れ、ゆるく楽しく気ままに毎日を過ごし、大好きな海外旅行を楽しむ。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

東日本大震災の実体験に基づく 災害初動期指揮心得 (Japanese Edition)

本書は、東北地方整備局が、過酷な災害対応を行った実体験に基づき、首都直下や東海・東南海・南海地震の発生が切迫する中、これに直面するであろう地方整備局の各クラスの指揮官の行動規範となる具体の指針を整理した内部資料であり、次の意図を持ってとりまとめられています。 1.東日本大震災を実体験した者にしかわからない「経験知」を、関係者共通のものとすること。 2.防災計画に沿った復旧・復興が軌道に乗るまでの、シナリオのない、最もシビアな決断を迫られる最初の1週間を乗り切るための指針となること。 3.想定される首都直下や東海・東南海・南海地震などの大規模災害に対して、地方整備局の各クラスの指揮官が心得ておくべき指針としてとりまとめること。 東日本大震災では、過去の災害を研究し、考案し、訓練した事だけしか、実際の役には立ちませんでした。しかしながら、災害の様相は毎回異なっています。過去の教訓に精通した上で、これを超越し、自由自在に「応用」してこそ、将来の大災害に対応できます。「備えていたことしか、役には立たなかった。備えていただけでは、十分ではなかった。」「備え、しかる後にこれを超越してほしい。」これが、東日本大震災を実体験した私たちが伝えたい教訓です。 なお、日本語版につきましては、(一社)東北地域づくり協会の公益事業として書籍を実費提供するサービスが、平成25年8月より開始されています。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

Hannnyashinkyou Bussetsu makahannnya haramita shinkyou (Japanese Edition)

『般若心経』(はんにゃしんぎょう)は、『般若波羅蜜多心経』(はんにゃはらみったしんぎょう、サンスクリット: प्रज्ञापारमिताहृदय、Prajñā-pāramitā-hṛdaya)の略称で、大教の空・般若思想を説いた経典の1つ。 大正新脩大蔵経に収録されている、玄奘三蔵訳とされる経題名は般若波羅蜜多心経である が、各宗派において用いる場合には、頭部に「仏説」(仏の説いた教え)や「摩訶」(偉 大な)の接頭辞をつけて仏説摩訶般若波羅蜜多心経(ぶっせつまかはんにゃはらみったし んぎょう)や摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはらみったしんぎょう)とも表記され る。また、般若心経をさらに省略して心経(しんぎょう)と呼ばれる場合もある。現存す る最古の漢訳文とされる弘福寺(長安)の『集王聖教序碑』に彫られた般若心経では、冒 頭(題名部分)は般若波羅蜜多心経だが、末尾(結びに再度題名を記す部分)では般若多 心経(はんにゃたしんぎょう)と略されている。 僅か300字足らずの本文に大乗仏教の心髄が説かれているとされ、複数の宗派において読誦経典の1つとして広く用いられている。 ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 くうそくぜしき じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 むげんかい ないしむいしきかい むむみょう やくむむみょうじん 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 いむしょとくこ ぼだいさつた えはんにゃはらみったこ 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 のうじょいっさいく...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

KDP Quick Start Guide (Japanese Edition)

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) にようこそ。 このガイドでは、KDP で初めて Kindle 本を出版する出版者様向けに、アカウントの作成から出版までの一連のプロセスを簡単に説明しています。 説明するトピックは次のとおりです。 アカウントの登録 アカウント情報の入力 銀行口座の登録 税に関するインタビュー 新しい本の作成 表紙画像の追加 価格とロイヤリティの設定 お問い合わせ それではさっそく始めましょう。
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on Google+Email this to someoneShare on FacebookShare on VkontakteShare on Odnoklassniki

PHP 創刊號(1947年4月号) (月刊誌PHP) (Japanese Edition)

なぜ敗戦直後の1946年に、松下幸之助はPHP研究所を創設したのか――。GHQの統治によって政治・経済・教育・宗教といった社会的活動は制約を受け、土地も人も思想も荒廃した日本。その日本の、そして日本人の姿に心を痛めた松下幸之助は、『繁栄によって平和と幸福を――』を掲げたPHP運動の推進を決意し、人々が物心両面の豊かさを実現するための研究活動をはじめます。その発信媒体として創刊されたのが、この月刊誌『PHP』でした。経営の神様・松下幸之助、上方漫才の父・秋田實、芥川賞唯一の受賞辞退者・高木卓、原子物理学の第一人者・菊池正士、明治・大正・昭和をまたぎ活躍した文豪・室生犀星、手塚治虫が尊敬した天才漫画家・横井福次郎……創刊号には、後に日本文化の礎を築く傑物たちが、社会の再建繁栄への願いを込めて綴っています。2016年11月3日に創設70周年を迎える弊PHP研究所は、人類普遍のテーマである「生き方」を考察・提言してきました。人間とは、幸福とは、真に豊かな人生とは何か。いつの時代も変わらぬPHP運動の原点をご覧いただけますと幸いです。
Page 1 of 3123